ポタラ・カレッジ齋藤保高の個人サイトです。チベット仏教の伝統教学について、質の高い情報を提供します。

2014春の密教伝授

FrontPage

ポタラ・カレッジ 2014年春の密教伝授 (2014年4月21日最終更新)
お陰様で、全ての行事は無事に成満しました。ありがとうございます。

大阿闍梨チャト・リンポチェ師

ゲルク派最高格式の密教専修道場として名高いギュトゥー寺の副僧院長チャト・リンポチェ師をお迎えし、4月17日から19日までポタラ・カレッジ東京センターで、御法話と灌頂を授けていただきました。チャト・リンポチェ師は、四部タントラの全てに精通した事相家として、ダライ・ラマ法王猊下から厚い信頼を受けている大阿闍梨です。
今回授けていただいた灌頂は、ゲルク派密教三大本尊の中で最も基本的な「ヤマーンタカ十三尊の大灌頂」です。初めて無上瑜伽タントラの大灌頂を受ける場合にも、一番適していると考えられています。ポタラ・カレッジで「ヤマーンタカ十三尊の大灌頂」が厳修されたのは、4年ぶりです。

1.顕密共通の道に関する前行御法話 【一般向の内容です】
 4月17日(木)午後6時〜9時
 密教の灌頂を受けて修行するためには、その基盤として仏教一般と大乗仏教をよく学び、正しく理解し、そのうえで堅固な信心と殊勝な動機を確立しなければいけません。その眼目となるのが、「生きとし生けるもの全てのため、速やかに仏陀の覚りを得たい」と誓願して修行に入る心、つまり菩提心です。この菩提心を発して育むためには、利己的な心の在り方を、菩薩の利他心へ転換してゆく必要があります。
 信心をもとに精神集中して「前行御法話」を聴聞し、大阿闍梨の加持力を伴ってその内容を受持すれば、密教の伝授を受けるのにふさわしい心の状態を速やかに実現できるでしょう。

2.ヤマーンタカ十三尊の大灌頂 【ポタラ・カレッジ会員限定】
 4月18日(金)午後6時〜9時30分、19日(土)午後2時〜7時
 チベット密教では、中国や日本へ伝わっていない無上瑜伽タントラを特に重んじ、仏陀の覚りへ至る最短の道として、その教えを何よりも大切に守り伝えてきました。「ヤマーンタカ(金剛バイラヴァ)」は、無上瑜伽タントラの中でも、とりわけ重要な本尊の一つに数えられています。なぜなら、無敵の忿怒尊の威力で、仏道修行の障碍を消除することに絶大な霊験を現わすからです。その恐るべき忿怒の相は、諸仏の智慧を体現する文殊が、私たち衆生の無明を断滅して諸煩悩を対治するために現わした姿です。その絶大な威力は、死神のヤマ(閻魔大王)すらも調伏し、生死つまり輪廻の世界に迷い続ける根を断ち切ります。ゲルク派では、宗祖ツォンカパ大師を文殊の化身として篤く信仰し、ヤマーンタカを宗祖と宗門にゆかりの大守護尊として崇拝し、伝統的にその法儀や修行を盛んに行なっています。
 今回の大灌頂は、ヤマーンタカの中でも、「十三尊」の伝統によるものです。これは、主尊父母を中心に十三尊の曼荼羅を修習する行法で、三大本尊の基本と位置づけられています。それゆえ、初めて無上瑜伽タントラの大灌頂を受法する場合も、これが一番適していると考えられます。
 受法した後には、「六座グルヨーガ」を毎日毎晩修行して、菩薩戒と三昧耶戒を守る必要があります。それゆえ、この大灌頂を受法するには、相応の自覚が求められます。しかし、これを受けて日々に「六座グルヨーガ」の修行を重ねるならば、無上瑜伽タントラの修行者としての道を歩み始めることができるでしょう。

[ 大阿闍梨チャト・リンポチェ師の略歴 ]
1954年、チベット本土に生まれる。3才のとき、チャトbya doトゥルクの転生霊童として認定される。インドへ亡命後、セラ寺チェーパ学堂で学修し、ゲシェー・ララムパという最高の学位を取得。ギュトゥー寺で密教の学修を積み、'97年にナムギェル寺僧院長、2013年にギュトゥー寺の副僧院長(ラマ・ウンゼー)となり、現在に至る。2014年5月、ギュトゥー寺の僧院長(ケンポ)として晋山の予定。四部タントラ全ての事相に精通した大阿闍梨で、ダライ・ラマ法王からの信任も厚い。
2003年7月、'06年5月、'07年9~10月、'12年10月、ポタラ・カレッジ東京センターにて「金剛界法」の伝授や『真言道次第広論』瑜伽タントラ品の講伝、「ヤマーンタカ 一尊」の大灌頂などを授ける。

ヤマーンタカ十三尊」に関連する図像資料を集めたアルバムを、facebook上に作りました。こちらをクリックすると、別ウィンドウで開きます。facebookのアカウントをお持ちでなくても、このアルバムは御覧になれます。一覧の画像をクリックすると、拡大表示されます。

a:3610 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional