ポタラ・カレッジ齋藤保高の個人サイトです。チベット仏教の伝統教学について、質の高い情報を提供します。

:牟尼三三昧耶荘厳成就法

2011年夏の密教伝授

牟尼三三昧耶荘厳成就法 thub pa dam tshig gsum bkod

牟尼三三昧耶荘厳

帰依と発心を先に行なう。
自らを刹那に牟尼三三昧耶荘厳として観想した胸で、aより月輪。その上に、金色のtrai(テー)字。そこから光輝が放たれ、眼前の虚空で大牟尼を仏菩薩の集聚が囲遶している。ヴェンザ・サマーザー。
オーン・サルワタターガタ・サパリワラ・アーガム・パティツァ・ソーハー。オーン・ヴェンザ・プーペー・アーフーン。オーン・ヴェンザ・ドゥーペー・アーフーン。オーン・ヴェンザ・アロケー・アーフーン。オーン・ヴェンザ・ケンデー・アーフーン。オーン・ヴェンザ・ネーワィデー・アーフーン。オーン・ヴェンザ・シャプタ・アーフーン。
三宝に我は帰依し奉る・・から・・衆生利益のために仏陀〔境地〕を成就せんことを・・までを三返〔誦える〕。 註:菩薩戒の長い偈頌

オーン・スバワバシュダ・サルワタルマ・スバワバシュドー・ハン。空そのものの状態より、緑のpam。それよりpamで飾られた雑色蓮華。aより月〔輪〕座。そこに金色のtrai字。それより光輝が放たれ、〔再び〕集まったものが転変したところより、自己を世尊三三昧耶王〔として我生起する〕。仏身の色彩は金のように燃え、梵行の姿を有し、相好は完全に円満している。御足は金剛結跏趺坐で、両手は御胸で説法印をなさっている。衣は、三種の僧衣をまとっている。
〔三昧耶王の〕仏身の右には、黄色い執金剛。両手は御胸で合掌し、黄色い金剛を持っている。
左には、黄色い執金剛女。右〔手〕は宝珠、左は金剛を持っている。
左の前には、緑の無辺女。右〔手〕は礼拝の相、左〔手〕は蓮華を持っている。
この三人の眷属は寂静〔相〕で、絹と宝で荘厳され、座していらっしゃる。
右の前には、赤い無辺童子。右〔手〕は湾刀、左〔手〕は華で満たされた髑髏杯を持っている。完全に憤怒の姿で、虎の皮と蛇で荘厳され、左展〔の行相〕である。
それらの眉間にom、喉にah、御胸hum。humより光輝が放たれて、十方の仏菩薩一切を牟尼三三昧耶荘厳の主尊と眷属の行相で〔勧請し〕、オーン・ヴェンザ・サマーザー。オーン・ヴェンザ・アンカシャ・ザー。オーン・ヴェンザ・ヴァーシャ・フーン。オーン・ヴェンザ・サポタ・ヴァン。オーン・ヴェンザ・アヴェーシャ・アー。不二となって溶け込んだ。
再び胸のhumより光輝が放たれて、五部の如来を眷属とともに〔勧請し〕、オーン・ヴェンザ・サマーザー。「御身方よ、我にまさに灌頂を授け給え」と祈願したので、〔如来たちは〕「オーン・サルワタターガタ・アビケンカタサマヤ・シュリーイェー・フーン」とおっしゃって灌頂を授けた。その結果、世尊(三昧耶王)は大日が、眷属たちは主尊(三昧耶王)が頭を荘厳するようになった・・・と思念する。
ナマータレー・ヤディカーナーム/ タターガタ・カーナム/
サルワタラ・アパティハターワーティ/ ダルマ・タンヴァリナム/
アムアサマ/ サマンタトー/ アーナンダ・ヴァーテー・シャサナム/
ハラハラ/ マラマラナ/ ピガターラーガ/ ブッダ・ダルマテー/
サラサラ/ サマヴァラ/ ハサハサ/ タラヤタラヤ/ ガガナ・マハーワラナ/
ラッシャナ/ ザラザラ/ ナーサガレー・ソーハー//
と念誦する。
最後に、御身語心と功徳と羯摩をもって、我を加持し給え・・・〔と祈願する〕。ザー・フーン・ヴァム・ホー、四人の眷属は自分へ溶け込んだ・・・と思念する。

[和訳 : 齋藤保高]

この「牟尼三三昧耶荘厳成就法」は、成就法集「リンジュン・ギャツァ」rin ‘byung brgya rtsaの上巻に収録されているものから、トルマ儀軌や許可灌頂儀軌を除外して成就法の部分だけを抜き出し、和訳したものです。タシールンポ版の該当箇所は、ka巻73a6-74b3、skyabs‘gro ~ gyur par bsams。
なお、種字のローマ字表記は、長音や下点などの記号を省略しています。真言の片仮名表記は、チベットの慣用的な読み方。特に陀羅尼は、大阿闍梨トクデン・リンポチェの読み方に準じています。

a:1214 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional